ここから本文です。

落花生

相州落花生・うでピー

相州落花生(そうしゅうらっかせい)

生産地 秦野市、平塚市、伊勢原市、中井町、大井町、二宮町
特徴 日本の落花生栽培は神奈川県の大磯町が始まりといわれています。また、秦野の落花生も「相州落花生」の名で古くから栽培され、独特の風味がある伝統の味を自慢としています。秦野盆地は特に、関東ローム層に18世紀初め富士山の噴火により火山灰が堆積した土壌であり、落花生栽培に適しています。タンパク質やビタミンB1、ビタミンE、必須アミノ酸などをバランスよく含んだ栄養価の高い自然食品です。
販売時期 年間
問い合わせ先 JA全農かながわ生活課
問い合わせ先電話 0463-20-2879

うでピー

生産地 秦野市
特徴 いつもフレッシュ。いつでも旬の味。
名前の由来 秦野地域の方言で茹でることを「うでる」ということから、茹で落花生(ピーナッツ)の名前として「うでピー」としました。
用途・食べ方 解凍してからお召し上がりください。
販売時期 8月中旬から12月中旬まで
主な販売場所 JAはだのファーマーズマーケット「じばさんず」、JAはだの特産センター、西直売所
年間販売量(平成19年度) 6トン
問い合わせ先 JAはだの営農課
問い合わせ先電話 0463-81-7718

ページの先頭へ戻る