ここから本文です。

漬物

三浦の浅づけたくあん(みうらのあさづけたくあん)

生産地 三浦市
特徴 三浦の浅づけたくあん丹精込めて作った三浦のだいこんを太陽と潮風にあてて干し上げ、米ぬかで自家漬けし、だいこんのマイルドな甘みとうまさを引き出した自慢の逸品です。海岸線に並ぶだいこんのカーテンは、三浦半島の冬の風物詩となっています。浅漬けのため歯切れが良く、高齢者の方々にも大変喜ばれています。食卓には欠かせない漬け物としても、また、お茶うけにもご利用ください。
販売時期 12月上旬から2月下旬まで
問い合わせ先 特産・三浦野菜生産販売連合共販部
問い合わせ先電話 046-888-3151

おおやま菜漬(おおやまなづけ)

生産地 伊勢原市
特徴 おおやま菜漬大山山麓の清涼な気候に育まれ、古くから「おおっ葉」、「子易菜(こやすな)」と呼ばれ、ふもとの家々の保存食として食されていました。江戸時代から続く200年の伝統の味を生かしながら改良を進め、葉がやわらかく、寒さに強い菜を使用しています。新鮮さを保つため、生産を限定するなど、こだわりの製法をとっています。ピリッとした辛みが特徴で、添加物を一切使わないため、癖もなく後味がさわやかです。
用途・食べ方 水洗いしてご賞味ください。また、細かく刻んで温かいご飯と一緒だとおいしくお召し上がりいただけますし、お酒やお茶の友にも最適です。
販売時期 11月下旬から2月中旬まで
問い合わせ先 JAいせはら大山支所
問い合わせ先電話 0463-95-2003

峠漬(とうげづけ)

生産地 秦野市峠地区
特徴 峠漬周りを山に囲まれた秦野市峠地区で自家生産した野菜を地元の農家の女性グループが真心込めて酒かすで漬け込んだ無添加の漬物です。なす、だいこん、きゅうり、にんじん、みつばと一袋で5つの味が楽しめ、特に、峠地区の特産であるみつばが入っているのが特色となっています。収穫した野菜はその日のうちに漬け込むなど、鮮度を大切にして作っています。
用途・食べ方 細かく刻み、ご飯と混ぜておにぎりにしてもよいですし、お茶漬けにしてもよく、お酒のおつまみにもなります。冷蔵庫に入れて1ヶ月以内にご賞味いただければおいしく食べられます。
販売時期 年間
主な販売場所 秦野市内のJA直売所、特産センターなど
価格の目安 250g入り350円
タル大 3,000円(贈答用 250g×7 注文販売)
タル小 2,000円(贈答用 250g×5 注文販売)
問い合わせ先 JAはだの はだの都市農業支援センター
問い合わせ先電話 0463-81-7800

丹沢のさくら漬け(たんざわのさくらづけ)

生産地 秦野市千村地区
特徴 丹沢のさくら漬け千村地区は全国でも有数の桜の産地で、春になると八重桜が満開になります。この桜の赤い花だけを摘んで塩漬けにしたのが「桜漬」です。桜の花の摘み取りは、江戸時代に生産農家が祭りの費用を賄うために始めたと言われています。
用途・食べ方 桜の花びらを入れた飲み物である、お祝い事に欠かせないこの「桜湯」はもちろん、焼酎のお湯割りにも良く合います。また、ご飯に混ぜ合わせて食べたりすると、桜の香りが良いと好評です。
販売時期 年間
価格の目安 50g入200円
問い合わせ先 JAはだの はだの都市農業支援センター
問い合わせ先電話 0463-81-7800

さがみ菜漬(さがみなづけ)

生産地 相模原市
特徴 さがみ菜漬神奈川県農業技術センターの開発した「からし菜」の風味と「たか菜」の食感を併せ持つ「さがみグリーン」の味を生かしたさっぱりとした塩漬です。収穫したその日に漬け込みを行うなど鮮度にこだわり、保存料や着色料も一切使用しておらず、安心してお召し上がりいただけます。
販売時期 年間
問い合わせ先 JA相模原市営農センター営農課
問い合わせ先電話 042-762-4336

ページの先頭へ戻る