• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわ産品の紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ
かながわ産品の紹介

ワイン

禅寺丸柿ワイン(ぜんじまるがきわいん)

かながわで出回る時期 通年

生産地

川崎市麻生区

特徴

幻の柿といわれている「禅寺丸柿」を、柿生禅寺丸柿保存会が山梨のワイン工場と協力して、「柿ワイン」にしたものです。甘みが濃くて香りが高く、後味は柿そのものです。

名前の由来

禅寺丸柿ワイン

柿には甘柿と渋柿がありますが、甘柿は渋柿の変異として発生したといわれています。この禅寺丸柿は日本で確認された甘柿のうち最も古いものとされており、初めて見つけられたのが、川崎市麻生区の王禅寺であったことから寺の名前を取り、「禅寺丸」と名づけられました。

価格の目安

1本:1390円

年間販売量(平成19年度)

2700本

問い合わせ先

JAセレサ川崎柿生支店

問い合わせ先電話

044-988-1131

^