• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわ産品の紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ
かながわ産品の紹介

わかめ(若布、和布)

かながわで出回る時期 通年

わかめ(若布、和布)

  • 冬の海は水が透き通り、軟らかな太陽光線を浴びて海藻がすくすく育ち、にぎやかな「海の森」が形成されます。
  • わかめはまさにそんな冬の海の贈り物です。採れたてのわかめをさっと湯通しすればたちまち鮮やかな緑色に変わります。

トピックス

  • 厳冬期から春にかけて東京湾から相模湾まで、養殖でも天然でも採れます。暖かい黒潮の影響で神奈川の海は真冬でも10℃以下に下がることはほとんどないことから、東北の海などとくらべて成長が速く、ひときわやわらかくておいしいわかめが採れます。
  • 塩蔵したり、天日乾燥させたりして長期保存も可能としているため、いつもおいしい冬の海の恵みが楽しめます。

栄養成分や使い方

  • カルシウム、ビタミン、ミネラルなどがたっぷりで、食物繊維も豊富な低カロリー食品です。
  • 海藻サラダ、酢の物、みそ汁と楽しみ方は様々です。
  • 生のわかめをそのままさっと湯がいた「わかめのしゃぶしゃぶ(わかめのさしみ)」もお試しください。たちまち鮮やかな緑色に変化し、食欲をそそります。

^