ここから本文です。

のり(海苔)

かながわで出回る時期 年間

のり

  • 海中で生育している原藻は赤黒い褐色ですが、乾燥すると黒々としたからすの濡れ羽色になります。
  • のりもお茶と同じように摘み取りの順番で一番、二番、…と呼ばれます。摘み取りは冬から春にかけて行われますが、特に11~12月に収穫されるものは新のりと呼ばれ、柔らかく風味が豊かなので珍重されています。

かながわトピックス

  • のりというと有明海、瀬戸内海などが有名ですが、神奈川県でも横浜市金沢地区や横須賀市走水大津地区などで年間約2000万枚が生産されています。
  • 栄養塩豊かなかながわの海の恵みをたっぷり受けて、色・つや・香りの三拍子が揃った「かながわののり」はその品質から全国でも高い評価を受けています。

栄養成分や使い方

  • のりというとおにぎり、お寿司などのイメージが強いですが、ご飯以外にもパン、パスタ、ラーメンなどどのような料理にも合い、たんぱく質、ビタミンなども豊富で、実に優秀で万能な食材です。
  • 焼のりは一枚一枚良く吟味して焼きあげてありますので、開封後はなるべく早くお召し上がりください。

ページの先頭へ戻る