ホームかながわ産品の紹介カテゴリから探す(かながわの水産加工品)>相模川鮎の甘露煮(さがみがわあゆのかんろに)

ここから本文です。

相模川鮎の甘露煮(さがみがわあゆのかんろに)

かながわで出回る時期 年間

鮎の甘露煮

  • あゆの寿命は一年です。秋にきれいな川底の小砂利に産卵し、その一生を終えます。ふ化した仔魚は流れとともに海へくだり、冬の間を暖かく餌の豊富な海で過ごし、春先に川を遡上します。川に戻ったあゆは、珪藻や藍藻など石に生えた苔を主食とし、これらの「苔」の生える石の周りになわばりを作ります。

かながわトピックス

  • 相模川は清冽な富士山の湧水を主な水源とするため、大都市近郊を流れるのに水がきれいなことで知られています。
  • この母なる相模川のたもとで、年間14~15度と安定した水温の地下水を水源として育てられたあゆは「天然仕立て」と呼ばれて高級料亭や築地市場で引っ張りだこです。そのあゆを素焼きにしたのち、水飴と醤油でじっくりと煮込みました。
  • とても柔らかく仕上がるため、頭から尾ひれまで全く残すことなく召し上がれます。

栄養成分や使い方

  • カルシウムたっぷりで子供の栄養食としてもぴったりです。

ページの先頭へ戻る