ここから本文です。

パンジー

かながわで出回る時期 11月上旬から4月下旬まで

パンジー

  • 「パンジー」という名前は蕾の下向き加減が物思いにふける人に似ていることから、フランス語で「思想」「想い」のPansee(パンセ)に由来しています。
  • 原産地は温帯の各地域と広く、栽培種は野生種の交雑により作出されました。気象条件は、冷涼な気候を好み寒さにも耐える耐凍性植物です。
  • 栽培方法には地堀物栽培とポット栽培がありますが、今では定植作業が楽で、出荷時の鉢上げも手間もいらず、苗のロスも少ない等のメリットがあるポット栽培が殆どを占めています。
  • 大変豊富な花の色の他に、大小さまざまな花径が充実しており、一つのコンテナに統一させて植えたり、小輪や大輪をバランスよく混植させたりと飾り方の応用はとても幅広くガーデニングをされる方に人気があります。また、冬でも花付きが優れている品種もあり、冬場の花壇を彩る代表的な花となっています。

かながわトピックス

  • 神奈川県内では、川崎市中原区の小田中のパンジーが有名です。
  • 中原区では地掘り栽培という方法で栽培されてきました。今ではポット栽培が主流となっています。

ページの先頭へ戻る