ここから本文です。

スイートピー

かながわで出回る時期 12月上旬から4月下旬まで

スイートピー

  • 17世紀シチリア島で発見され、イギリスで主に栽培されてきました。シチリア島で自生していたこの花を、イタリア人の司教で植物研究家クバーニが、この種子をイギリスの植物研究家に贈り、その後、イギリスで改良が重ねられ現在の姿になったそうです。

かながわトピックス

  • 神奈川県内でのスイートピー栽培は大正時代から始まりました。東京の市場に近いこともあり、輸送技術が発達していない時代に朝摘みの花を出荷できることで高い評価を受けていました。
  • 現在も質の良さには定評があり、花持ちが良いことが特徴です。ピンク、白、紫などカラフルな品種と都市近郊ならではの新鮮さも自慢です。

ページの先頭へ戻る