ここから本文です。

しいたけ(椎茸)

かながわで出回る時期 年間

しいたけ

  • 古来から日本人が好んで食べてきたきのこのひとつで、鎌倉時代には中国へ乾しシイタケが輸出されたという記録もあります。
  • 昔は、自然に飛んでくるしいたけの胞子やほだぎの粉末や胞子液を散布したりと、自然・半自然の不安定な栽培でしたが、北島君蔵が「純粋培養種菌」を、森喜作が1943年に「種駒」を発明したことにより、栽培が飛躍的に普及しました。
  • 傘の裏が淡白色で、柄が短めで傘があまり開いていない肉づきの良いものが良品とされています。

かながわトピックス

  • 農薬使用は厳しく制限されており、安全・安心・新鮮・味にこだわったきのこを目指す生産者の日々の努力で、神奈川県産きのこはつくられています。
  • 自然の恵みを受けて、じっくりと育った豊かな自然味が自慢です。

栄養成分や使い方

  • きのこは、グルタミン酸などのアミノ酸を多く含み、独特のうまみがあります。また食物繊維が豊富であり、コレステロールの低下作用など多くの薬理効果のあることがわかってきました。
  • 生しいたけは、鍋物、煮物など和食のほか、シチューなどの洋食にも適しています。
  • 乾ししいたけは、三大うまみ成分のひとつであるグアニル酸が多く含まれ、煮物、炒め物など日本料理、中国料理に適しています。

お勧めレシピ

きのこののっぺい 鶏肉ときのこのソテー ジャポネーズソース    
きのこののっぺい 鶏肉ときのこのソテー
ジャポネーズソース
   

ページの先頭へ戻る