ここから本文です。

ひらたけ(平茸)

かながわで出回る時期 年間

ひらたけ

  • 別名「寒茸」とも言われ、主に晩秋から冬におろいろな広葉樹の枯れ木に重なり合って発生するきのこで、しいたけよりも昔から日本人が好んで食べてきたきのこのひとつです。
  • 傘が黒褐色で、柄の部分が太くて短めなものが良品とされています。

かながわトピックス

  • おが粉を利用したビン栽培により、すくすくと育てられた新鮮で美しい肌が自慢です。
  • 伊勢原の「ひらたけ」は「大山しめじ」として、親しまれています。
  • 栽培では、農薬使用は厳しく制限されており、安全・安心・新鮮・味にこだわったきのこを目指す生産者の日々の努力で、神奈川県産きのこはつくられています。

栄養成分や使い方

  • きのこは、グルタミン酸などのアミノ酸を多く含み、独特のうまみがあります。また食物繊維が豊富であり、コレステロールの低下作用など多くの薬理効果のあることがわかってきました。
  • 淡白な風味とくきの歯ざわりが特に好まれており、鍋物、揚げ物、酢の物と幅広く楽しめ、多くの食材と調和する料理しやすい重宝なきのこです。

ページの先頭へ戻る