ここから本文です。

みかん(蜜柑)

かながわで出回る時期 10月上旬から3月下旬まで

みかん

  • 日本を代表するかんきつ類で、「温州みかん」とも呼ばれる日本独自の品種です。400年ほど前に鹿児島県で生まれました。
  • 「宮川早生」、「大津」、「青島」など様々な品種があります。

かながわトピックス

  • 神奈川県内では、小田原、伊勢原、三浦など各地で栽培されています。
  • 産地としては北限に近く、四国や九州のみかんに比べて酸味が強めで、甘みとのバランスがよく、昔懐かしい味の濃いみかんです。
  • 品種は、「大津4号」、「青島みかん」を中心に栽培しています。「大津みかん」は、湯河原町の大津祐男さんによって作られ、昭和52年に品種登録されました。
  • 現在は、通常の販売だけでなく、観光もぎとりや、みかんの木を1本まるごと収穫できるみかんの木のオーナー制度も行っています。

栄養成分や使い方

  • 多く含まれているのは、ビタミンCです。また、機能性成分としては、β-クリプトキサンチンに発ガン抑制効果があるとされています。
  • 年が明けて出荷される貯蔵されたみかんは、皮にやわらかさが生まれ、さわるとしっとりした感じのみかんを選びましょう。皮がつやつやとしてしっかりしているものは、皮と果肉が離れ、本来の味わいが失われています。
  • 冷蔵庫で少し冷やしてから食べるとよりおいしく食べられます。

ページの先頭へ戻る