ここから本文です。

なし(梨)

かながわで出回る時期 7月上旬から9月下旬まで

なし

  • なしには、「日本なし」、「西洋なし」、「中国なし」の3種類があり、日本での生産のほとんどは「日本なし」です。
  • 日本では、弥生時代に栽培が始まったといわれており、7世紀末の「日本書紀」になし栽培が奨励されたとの記述があります。

かながわトピックス

  • 神奈川県内でのなし栽培の歴史は江戸時代からと古く、川崎市は赤なしの代表品種「長十郎」の発祥の地としても有名です。
  • 神奈川県内では主に、「幸水」、「豊水」、この他に「新水」、「あけみず」、「あきづき」、「新高」、「新星」、「筑水」、「長十郎」など多様な品種が栽培されています。
  • 現在の主要品種である「幸水」、「豊水」などは、神奈川県農業技術センター(旧神奈川県園芸試験場)で育成された「菊水」から育成された品種で、神奈川県が現在の主要なし品種の基礎を築いたといえます。

栄養成分や使い方

  • 果皮の色が均一で張りのある、形に著しいゆがみのないものを選んでください。
  • 保存する際には、薄いポリエチレン袋に入れ冷蔵庫に入れれば1~2週間は品質が保持されます。

特徴的な品種

  • 多摩川なし
    川崎市で栽培・収穫される梨は、「多摩川なし」と呼ばれ、地元で親しまれております。多摩川なし栽培の歴史は江戸時代(1650年)からと古く、明治26年に大師河原(現川崎市日の出町)の当麻辰次郎氏(通称屋号:長十郎)のなし園から「長十郎」が発見され、神奈川県は赤なしの代表品種「長十郎」の発祥の地としても有名です。

ページの先頭へ戻る