ここから本文です。

メロン

かながわで出回る時期 6月上旬から7月下旬まで

メロン

  • 原産地は、東アフリカ、中近東、インド、中国といわれていますが、現在まで特定されていません。
  • メロンという名前は、ギリシャ語の「melopepon」(リンゴのようなウリ)が語源といわれております。

かながわトピックス

  • 神奈川県内では、三浦半島が主な生産地ですが、川崎や寒川などでも温室メロンの栽培が行われています。
  • 三浦半島では、昭和37年に「プリンスメロン」を導入したのがきっかけとなり栽培が始まりました。その後、昭和48年に、ネット系メロンが導入されました。多くのメロンが、露地栽培されています。
  • 川崎では、昭和51年頃から栽培が始められました。生産地の名から「宮前メロン」として親しまれています。ひとつひとつ丁寧に化粧箱に入れられ、箱の中には、生産者名、問い合わせ先、お召し上がり予定日を記入したラベルが入れられています。

栄養成分や使い方

  • カリウムが多く含まれ、赤肉のメロンにはカロテンも多く含まれています。収穫後、追熟した方がおいしく食べられます。すぐに食べるために購入する場合、メロンの尻部分がほんの少しやわらかくなったものが食べ頃です。
  • 寒いところが苦手なので、食べる直前(2~3時間前)に冷蔵庫に入れるとおいしくいただけます。

ページの先頭へ戻る