ここから本文です。

豚肉

やまゆりポーク

生産地 横浜市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、伊勢原市、相模原市
特徴 やまゆりポーク昭和56年、JA全農かながわ(旧:神奈川県経済連)が高品質豚肉の生産実験に取り組み、育種・改良を重ねた結果、平成元年に「やまゆりポーク」が誕生しました。やまゆりポークは県内指定生産農場の厳選された豚肉です。麦類を豊富に含む指定配合飼料で脂肪の質を高め、じっくり熟成させているため、脂肪は白く、また、赤身が柔らかく豊かな風味です。
名前の由来 神奈川県の花「やまゆり」にちなんで名前をつけました。
用途・食べ方 お好みにより、焼く、揚げる、炒め物、その他どんな食べ方にもマッチできる食材です。
販売時期 年間
主な販売場所 県内のAコープ、ジャスコ、その他の店舗
価格の目安 ロース100g:270~280円位、バラ100g:220~230円位
年間販売量(平成19年度) 18,400頭
問い合わせ先 JA全農かながわ畜産相談課
問い合わせ先電話 0463-58-9541
生産者からのコメント まじめな仲間が丹精こめて育てた、やまゆりポークです。たくさん食べてください。

はまぽーく

生産地 横浜市
特徴 はまぽーく食品循環資源(学校給食等・事業系食品)を飼料化した飼料と配合(小麦・トウモロコシ等)を混合給与し、横浜の生産者が育てた肉質良好な豚肉です。生産団体である横浜農協食品循環型はまぽーく出荷グループでは、出荷時に農場ごとに選抜を励行し、品質の向上に努めています。
名前の由来 横浜の「浜」と豚肉の「ポーク」を、ひらがな標記にし、誰でも親しみやすく覚えやすいように「はまぽーく」と名づけました。
用途・食べ方 やわらかくて上品な味わいなので、全ての料理に合います。
販売時期 年間
主な販売場所 「はまぽーく」のホームページ(http://www.jakanagawa.gr.jp/yokohama/info.rbz?nd=184&ik=1)をご覧ください。
取り寄せの可否 下記問い合わせ先にお問い合わせください。
年間販売量(平成19年度) 約6,500トン
問い合わせ先 JA横浜 営農経済部 営農課
問い合わせ先電話 045-805-6612
生産者からのコメント 生産農家が丹精こめて育てた「はまぽーく」をよろしくお願いします。

かながわ夢ポーク

生産地 横浜市、藤沢市、厚木市、相模原市、座間市、綾瀬市、愛甲郡清川村
特徴 かながわ夢ポーク
かながわ夢ポーク「かながわ夢ポーク」は養豚家と県畜産研究所が品種改良した系統豚を活用し、飼料には細心の注意をはらい、「足柄茶」と「サツマイモ」を飼料の一部に取り入れるなど、神奈川ならではの味を追求しています。
また、地元食肉センターの利用で新鮮、かつ衛生的な処理で食肉に加工しています。
このように、かながわ夢ポークは伝統技術と最新の技術を生かし生産されています。
名前の由来 神奈川養豚の伝統と技術の集大成、そんな豚肉を作るのが生産者の長年の夢でしたので、それにちなんで「かながわ夢ポーク」と名付けました。
用途・食べ方 しゃぶしゃぶ、とんかつ、ポークソテー など
販売時期 年間
主な販売場所 「かながわ夢ポーク」のホームページ(http://kanagawa.lin.gr.jp/gourmet/butaniku/yume/index.html)をご覧ください。
取り寄せの可否 下記問い合わせ先にお問い合わせください。
年間販売量(平成22年度) 22,633頭
問い合わせ先 かながわ夢ポーク推進協議会
問い合わせ先電話 046-238-2502
生産者からのコメント 安心して食べられる、美味しい「かながわ夢ポーク」を生産しています。
たくさん食べてください。

あつぎ豚

生産地 厚木市
特徴 あつぎ豚厚木市で肥育された豚で、子豚は繁殖から行った農場独自の血統豚です。飼料は、独自設計の自家配合したものを使用し、さらに、食肉の処理、加工、販売もすべて養豚場で行っています。
その成果として、豚肉は甘みやコク、柔らかい肉質、理想的な霜降りを実現しています。
名前の由来 あつぎ生まれのあつぎ育ち。地域の方が自慢に思えるような豚肉を作りたいと思い“あつぎ豚”と名付けました。
用途・食べ方 まずは塩コショウのみでグリルでソテーに。口にほお張り、鼻から息を抜いて脂の旨味と風味をご堪能ください。
販売時期 年間
価格の目安 ロース200円~280円/100g前後
問い合わせ先 有限会社 臼井農産
問い合わせ先電話 046-241-7462
生産者からのコメント “誰もが幸せと笑顔になれる豚肉”を追い求め、いつまでも地域社会の皆様から信頼されるよう生産者としての責務を果たして参りますので、よろしくお願いいたします。
最高の品質、圧倒的な鮮度、豚に懸ける情熱を結集して地域の皆様が誇れる地豚を目指しています。皆さん、ぜひあつぎ豚をご利用いただければと思います。

ページの先頭へ戻る