ここから本文です。

平飼い ブランド有精卵 さがみっこ

生産地 相模原市
特徴 さがみっこ昭和三年創業養鶏業一筋で営んできた養鶏場が生産した卵です。品質や、生育環境にこだわっており、雛から平飼い飼育し、飼料には、国産飼料米や独自設計の飼料を配合するなど、工夫を凝らしています。
名前の由来 地元(相模原市)に愛される卵でありたい。相模原のさがみを取り「さがみっこ」と名付けました。
用途・食べ方 生で召し上がりたい方は、「たまごかけご飯」がお勧め。
専用醤油もご用意しています。
加工する場合、調味料は必要ありません。
さがみっこが持つ繊細な味をお楽しみください。
弾力のある卵白は、お菓子作りにも最適です。
販売時期 年間
価格の目安 10個入 600円(税込)
問い合わせ先 有限会社 井上養鶏場
問い合わせ先電話 042-762-0505
生産者からのコメント 卵は昔、貴重な食材として扱われていました。しかし、現在では価格の変動も少なく「物価の優等生」と呼ばれるほど生産量が増し安定しています。ただその背景には、自然からかけ離れた鶏の生活環境があり、その環境が世界的な問題として今、広がりをみせています。
私は、鶏が求める環境に少しでも近い環境を与えてあげたい。命あるもの全て、心と体にストレスがあってはならないから。本物の卵は、そんな鶏でなければ産むことはできないと私は確信し、平飼い養鶏を続けているのです。
日常の生活を支えてくれる「卵」。鶏が与えてくれる「自然の恵み」をこれからも大切にしていきたい。

県内産卵のトピックス

  • 県内では、愛川町、相模原市など県の北部中央地域に大規模な養鶏場が集中する一方で、県内各地に鶏卵の直売を行う養鶏場もたくさんあります。
  • 最近では、新鮮な卵を使ったプリンや焼き菓子などを販売する養鶏場が増えてきました。

 かながわ鶏卵直売所マップpdf

栄養成分や使い方

  • 特にタンパク質は、すべての食品の中で最も良質といわれ、9種類の必須アミノ酸がバランス良く含まれています。
  • ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、カルシウムは牛乳の1.4倍、鉄分は茹でたほうれん草の2倍強、ビタミンAはバターと同程度、ビタミンB1は納豆の2倍以上と多く含んでいます。

ADOBE READERのダウンロードへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る