ここから本文です。

牛乳

かながわで出回る時期 年間

卵

  • 牛乳は、カルシウムをはじめ、各種栄養素がバランス良く含まれた理想的な食品で、体の調子を整え、健康を維持する効果が期待されます。

かながわトピックス

  • 県内の酪農は、平塚市や伊勢原市など県中央部で盛んに行われ、新鮮な生乳を利用した自家製アイスクリームを販売する酪農家もあります。
  • 県内の学校給食で提供される牛乳は、県内産生乳が使われています。

 牧場発アイスドライブマップpdf

栄養成分や使い方

  • 三大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物に加え、日本人の食生活に不足しがちなカルシウムなどのミネラルやビタミンA、B2などを豊富に含んでいます。
  • 牛乳を飲むとおなかにガスがたまる、ゴロゴロするのは、牛乳中の糖質である乳糖を消化する酵素が少ないか、働きが弱いためと考えられています。温めて飲むことや、乳酸菌などの活用によって栄養機能性が高まったヨーグルトやチーズがお勧めです。

ADOBE READERのダウンロードへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る