ここから本文です。

やまといも(大和芋)

かながわで出回る時期 11月上旬から2月下旬まで

やまといも

  • 「やまのいも」の一種で、最も粘りが強いとされています。正倉院の文書にも書かれており、1,000年以上も前から食べられていました。別名「イチョウイモ」といわれ、芋の形がイチョウの葉の形に似ているものが代表的ですが、三味線のばち形、扇形に似ているものなどもあります。
  • 長期間の保存も可能なことから、お歳暮、お年賀などの贈答用としても喜ばれています。

かながわトピックス

  • 神奈川県内では、相模原市を中心に栽培されています。相模原台地の畑の、富士山の噴火による黒色火山灰土が栽培に適しており、昭和30年代から栽培されています。

栄養成分や使い方

  • 消化が良く他の食物の消化も助けるやまといもは、滋養強壮・病後の回復食に使われてきました。秋に掘り上げられたものは、外気と同じような温度であれば、翌年2~3月頃まで発芽することはありません。
  • 泥付きならば、新聞紙に包み、ポリ袋に入れておきましょう。泥を洗い落としたものでも、キズがなければ、ポリ袋に入れて保存が可能です。
  • とろろ汁、山かけ、酢のもの、煮ものなどの他、お好み焼きに入れたり、海苔で巻いて磯辺揚げなど様々な料理にお使いください。
  • 掘り上げたばかりのやまといもは、すりおろすと褐色になることがありますが、これは酵素活性が強いために起こるものです。貯蔵したやまといもでは、酵素活性が低下しているため、褐変が少なくなります。

お勧めレシピ

大和芋の梅がつお 大和芋のかわり揚げ    
大和芋の梅がつお 大和芋のかわり揚げ    

ページの先頭へ戻る