ここから本文です。

たまねぎ(玉葱)

かながわで出回る時期 5月上旬から7月下旬まで

たまねぎ

  • 日本では、明治時代から本格的に栽培が始まりました。

かながわトピックス

  • 神奈川県内では、小田原地域が県内の約20%の生産量を誇っており、そのなかでも下中地区を中心に栽培されています。
  • 下中地区では、近所の畜産農家の堆肥をふんだんに投入しており、堆肥を利用した有機質をたっぷりと含んだ畑から収穫しているため、辛味が少なく柔らかいのが特徴です。
  • 小田原市内では、苗の植え付けや収穫体験もできる「たまねぎのオーナー制度」も始めています。

栄養成分や使い方

  • 糖質がやや多く、ビタミン、ミネラルはそれほど多くありません。また、たまねぎに含まれる硫化アリルは、消化を助け、ビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。
  • 生で食べる場合は、みじん切りやせん切りにして塩と一緒にふきんに包み、よくもみ洗いしてからサラダにしてみてください。炒める場合は、みじん切りにしてきつね色になるまで炒め、ハンバーグやカレーにどうぞ。
  • 切ると刺激臭が発生し、目や鼻を刺激し涙が出ます。それを抑えるためには、たまねぎをよく冷やしておいたり、包丁やたまねぎを水で濡らしておくとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る