• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわ産品の紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ
かながわ産品の紹介

きゅうり(胡瓜)

かながわで出回る時期 通年

きゅうり(胡瓜)

  • 産地は、インドのヒマラヤ山麓からネパールにかけてといわれています。
  • 熟すと黄色くなることから、「黄瓜(きうり)」と呼ばれ、名前の由来になったといわれています。

トピックス

  • 神奈川県内では、明治30年代に平塚市で栽培が始まり、その後湘南地域や横浜市を中心に県内各地で栽培されています。
  • 露地・トンネル・促成・抑制などの方法で栽培され、ほぼ周年出荷されています。

栄養成分や使い方

  • 成分の約95%は水分で、ビタミンCやカリウムが含まれています。
  • パリッとした歯ごたえが魅力なので、新鮮さがいのちです。表面の突起とそこについている刺を、ふつう「いぼ」とよんでいますが、このいぼがチクチクするものほど新鮮です。また、低温に弱いので冷蔵庫に入れる場合は、水気をよく拭き、ポリ袋などに入れ、野菜室で保存するとよいです。
  • サラダでは定番の野菜ですが、適当な大きさに切りポリ袋などに入れ、すりこ木やビンなどでたたいて和え物にしたり、油で炒め醤油あんで絡めたりスープで煮込んだりにすると違った食感でたくさん食べられます。

^