• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわ産品の紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ
かながわ産品の紹介

とうもろこし(玉蜀黍)

かながわで出回る時期 6月上旬から10月下旬まで

とうもろこし(玉蜀黍)

  • 原産地は特定されていませんが、メキシコから中央アメリカにかけてという説が有力です。

トピックス

  • 神奈川県内では、昭和30年頃から生食用のスイートコーンの栽培が始まりました。
  • 農薬や化学肥料の使用を極力抑え、もぎたての味をその日のうちに出荷する「朝どり」に取組みも見られます。

栄養成分や使い方

  • 糖質が主成分で、ビタミンB群、C、Eや、食物繊維を含みます。
  • ボリューム感があり、外皮がみずみずしい緑色で、茶色のひげが豊かなものを選びましょう。
  • 収穫直後から呼吸のため徐々に糖分が消費され、甘味が失われていきますので、できるだけ早めに蒸すか、ゆでるとおいしく食べられます。

^