ここから本文です。

えだまめ(枝豆)

かながわで出回る時期 6月上旬から7月下旬まで

えだまめ

  • 大豆(だいず)のさやが緑色のうちに収穫して食べるものを枝豆(えだまめ)と言っています。原産地は中国で、日本で枝豆として食べるようになったのは、17世紀末ごろといわれています。200種あまりの品種があります。

かながわトピックス

  • 神奈川県内では、湘南地域や横浜川崎地域で主に栽培されています。

栄養成分や使い方

  • たんぱく質、ビタミンB、カルシウムが豊富で、その他に大豆にはないビタミンCも多く含まれています。豆が大きく成長していてさやがふくらみ、緑色の深いものが品質が良いでしょう。
  • ゆでてそのまま食べるのが一番です。さやの端をはさみで切り、塩でよくもみ、沸騰したお湯に洗わずに入れます。沸騰してから4分で火をとめ、ザルに取りそのまま自然に冷まして食べましょう。余熱でやわらかくなるので、ゆで過ぎに注意。保存する場合は、かためにゆでて冷凍してください。

ページの先頭へ戻る