ここから本文です。

とうがん(冬瓜)

かながわで出回る時期 5月上旬から9月下旬まで

とうがん

  • 原産地は、東インドで、日本では、平安時代に書かれた古い植物書「本草和名」に、加毛宇利の名で記載があり、古くから親しまれてきた野菜です。
  • 「とうがん」はれっきとした夏野菜で、保存がよく効き、包丁を入れなければ、冬までもつことから「冬瓜」という名称がつきました。

かながわトピックス

  • 神奈川県内では、昭和60年ごろから夏の暑さに強い作物ということで、三浦市内で「とうがん」の栽培が本格的に始まりました。ビタミンC、カルシウムを含み、利尿効果が高いため、夏バテ予防など健康面で注目されております。1~1.5kgの「小とうがん」、1kg以下の「ミニとうがん」も栽培されております。

栄養成分や使い方

  • 実の95%以上が水分で、100g中のカロリーは18キロカロリーとダイエット中の方には大変嬉しい食材です。
  • 丸いまま冷暗所で保存しておけば、長期保存が可能です。
  • ゆでたとうがんを、赤ワイン、砂糖入りシロップで煮ると、デザートとしても味わえます。

お勧めレシピ

とうがんのコンポート とうがんの豚汁 とうがんのかんたんサラダ とうがんのスープ
とうがんのコンポート とうがんの豚汁 とうがんのかんたん
サラダ
とうがんのスープ

ページの先頭へ戻る