• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ
お勧めレシピ
かながわブランドのレシピ:かながブランド登録品を使ったレシピ集です。

湘南しらす

湘南しらすと水菜のペペロンチーノ

湘南しらすと水菜のペペロンチーノ

材料(2人分)

  • 湘南しらす…お好みの量
  • 水菜…1/2束
  • にんにく…1片
  • オリーブ油…大さじ2
  • パスタ(ゆで)…2人前
  • 醤油…少々
  • 黒こしょう…適量

作り方

  1. にんにくは、芽をとってスライスする。水菜は、5cmほどに切る。
  2. フライパンににんにく、オリーブ油をいれて点火する。にんにくがきつね色になったら取り出す。オリーブ油はそのままフライパンに残しておく。
  3. 茹でたパスタを先ほどのフライパンにいれて炒め合わせる。醤油、水菜をいれてさっと合わせてお皿に盛り付ける。
  4. しらす、にんにくチップ、お好みで黒こしょうをふる。

レシピ考案:安部加代子さん

視察先の感想

地域全体が加工などの情報をオープンにすることで品質レベルを底上げし、どこのお店でたべても『湘南しらすはおいしい。』と思ってもらえるようブランド価値を高めるよう取り組んでいるのが印象的だった。
しらすはとても大きく、想像以上にしっかりと茹でられます。ふっくらと仕上がり、食べると磯の風味がとても広がります。これまで食べたしらすとは全然別のものと思えるくらい小さくても存在感がありました。

☆湘南から秋の便り☆湘南しらすのちりめんじゃこと大磯マコモタケの秋の一品

☆湘南から秋の便り☆湘南しらすのちりめんじゃこと大磯マコモタケの秋の一品

材料

  • マコモタケ
  • 湘南しらすのちりめんじゃこ
  • 蒲焼のタレ
  • 粉山椒

※分量は全てお好みで

作り方

  1. マコモタケは適当な長さの、細めの短冊切りにする。
  2. フライパンに油を適量引き、マコモタケを炒め、軽く火が通ったところで、ちりめんじゃこをドバッと入れる。
  3. 馴染んだところに蒲焼のタレを回しかけよく絡めたら器に盛って山椒をふって完成。

※蒲焼のタレは市販のものでもOK。でも自分で作るなら、砂糖・醤油・酒・みりん、全て同量を鍋にかけ煮詰めれば簡単に出来ます♪

レシピ考案:河東成江さん

視察先の感想

以前湘南しらすについて学ぶ機会が有り(その時も丸八丸の杉山さんからのレクチャー)、1艘曳きの話やブランドを作り上げるための努力などは聞いていたが、今回改めて加工現場を見学するチャンスを頂いて、より深く知ることができてとても良かった。
2013年の11月にお話を伺った時のメモを読み返してみると、ちょうど5年で10軒もの漁師さんが新たに湘南しらすの作りに加わったことがわかり、杉山さんがずっとこの『湘南しらす』というブランドを大事に育ててきたことがわかり、感慨深いものがあった。
そして自然薯大山と同じく、こちらでも意外な発見があった。まずは多い日で600kgもの水揚げがあるのに、ゆで汁は一日中変えないこと。またゆで汁は一見どんどん濃くなっていきそうなのに、逆に塩っけは薄くなるため増し塩をするということ。丸八丸さんのこだわりの2度沸騰させる方法は、想像していたよりしっかりと長時間茹でていたこと。どれも新鮮な驚きだった。
本来しらすは鮮度が命であるため、水揚げしたらすぐに茹でてしまいたいところを、わざわざ私達の為に作業を停めて待っていてくださったこと、深く深く感謝したい。

湘南しらすドレッシング和えサラダ

湘南しらすドレッシング和えサラダ

材料

  • シラス…大さじ3
  • レタス
  • アボカド
  • ごま油…大さじ2~3
  • お酢…大さじ1
  • 醤油…大さじ1
  • 塩コショウ…少々
  • 片栗粉…大さじ1

作り方

  1. ポリ袋にシラスと片栗粉を入れて混ぜる。
  2. 小さいフライパンにごま油を熱し(1)を揚げる。そのまま火を止め、お酢、塩コショウ、醤油を入れる。
  3. 洗って切ったレタスとアボカドに(2)をかけて和える。

レシピ考案:髙橋浩美さん

視察先の感想

湘南しらすは、地元茅ケ崎のものをよく食べていますが、平塚でも美味しいしらすが食べられるのは、湘南の地元の漁港のしらすが、どこで食べても美味しい品質を保てるように「湘南しらすうなぎ協議会」で協力し合っていると聞いて納得しました。その為には漁師さんも植林に行かれるそうです。
実際に釜揚げしらすの現場を見せていただいて、塩水の熱湯でしばらく茹でるのは、短時間で茹でるのかと思っていたので意外な感じがしました。
そして、釜から茹で上がったばかりのしらすは、まったく魚臭くなく、しょっぱくもなく、旨味のあるとても美味しい釜揚げしらすでした。
シラス漁の仕方も、昔はめった掛けでしたが、魚群探知機になり、シラスが低周波には写らず、高周波に映る性質を利用しているそうです。
湘南シラスをご飯に載せたり、大根おろしに載せたり、本当に美味しいかったです。

^