• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ

ホーム > お勧めレシピ > かながわブランドのレシピ > 神奈川県産味噌「津久井」

お勧めレシピ
かながわブランドのレシピ:かながブランド登録品を使ったレシピ集です。

神奈川県産味噌「津久井」

米なすの肉味噌炒め

米なすの肉味噌炒め

材料(2人分)

  • 米なす…1本
  • 豚挽肉…150g
  • 生姜…1片
  • サラダ油…大さじ1
  • ごま油…小さじ1
  • 小葱…適量

A

  • つくい味噌…大さじ1
  • 醤油…小さじ1
  • はちみつ…大さじ1/2

水溶き片栗粉

  • 片栗粉…小さじ1
  • 水…大さじ1/2

作り方

  1. 米なすは2cm程の角切りにし水につけ、 生姜はすりおろし、小葱は小口切り、Aは混ぜ合わせておく。
  2. フライパンにサラダ油を入れ米なすを焼き色がつくように焼き一旦取り出しておく。
  3. 同じフライパンで生姜、豚挽肉を炒め火が通ったらAの味噌調味料、(2)の米なすを加えて炒め合わせ、更に水溶き片栗粉を回しかけて炒める。
  4. 最後にごま油をかけて小葱を散らす。

レシピ考案:浅井さやかさん

視察先の感想

地域で古くから作られ続けてきた津久井在来大豆は輸入品の台頭や栽培地域によって形質のばらつきが出るなどの難しさがあったことを知りました。
在来大豆を守る取り組みでDNAマーカーによる研究も行われたということに驚きましたがやはり在来種は長年同じ品質を保ち続けるのは大変なのだということがわかりました。
夏の盛りに視察をさせていただいた畑では市民の方の作業体験を受け入れていて津久井在来大豆に対する前向きな取り組みが印象的でした。
その生産者の方の「きなこ」をヨーグルトにかけて食べてみると今迄食べたことのないヘルシーで身体が喜ぶ自然な甘さに感動しました!
又、津久井在来大豆の特徴である甘味や香りが引き立つ味噌は栄養価も高く日常のメニューに取り入れ易いので様々なお料理で楽しめると思いました。

コラーゲン味噌のパリパリチキンサラダ

コラーゲン味噌のパリパリチキンサラダ

材料(2人分)

  • 餃子の皮…6枚
  • 鶏もも肉…200g
  • 白ワイン(又は酒)…大さじ1
  • つくい味噌…大さじ1
  • スプラウト野菜(ブロッコリースプラウト等)…適量
  • オリーブオイル…小さじ1
  • レタス(盛付用)…適量

作り方

  1. 鶏肉を耐熱容器に入れ白ワインをかけて酒蒸しにする(ラップをして600Wで約6分)。
  2. 餃子の皮にハケ等でオリーブオイルを塗りトースターで焼き色が付く程度に焼く。
  3. (2)の鶏を容器から取出しそぎ切りにしておく(※汁は捨てずに冷ましておく)。
  4. (3)の汁が固まりコラーゲンのゼリー状になったものを大さじ2とつくい味噌を混ぜ合わせる。
  5. (2)の皮の上にスプラウト野菜、(3)の鶏肉、(4)の味噌ダレを乗せレタスを敷いた皿に盛り付ける。

レシピ考案:浅井さやかさん

^