• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ

ホーム > お勧めレシピ > かながわブランドモニターのレシピ > 倉橋美樹さん考案のレシピ

お勧めレシピ
かながわブランドモニターのレシピ:かながブランド登録品等を使ったレシピ集です。

倉橋美樹さん考案のレシピ

自然薯のたらこまんじゅう

~自然薯大山を使ったレシピです~

自然薯のたらこまんじゅう

材料(2個分)

  • 自然薯…小1本
  • 片栗粉…大さじ1
  • 塩…少々
  • たらこ…30g
  • 白ごま…大さじ4
  • サラダ油…適量
  • 焼き海苔…1枚
  • 醤油…少々

作り方

  1. 自然薯はひげ根を火であぶって焼き、水洗いする。ボウルに皮ごとすりおろし、塩と片栗粉を入れて混ぜる。1/2に分ける。
  2. (1)にそれぞれ半分に切ったたらこを真ん中にして入れ、(1)でくるむようにする。白ごまを全体にまぶしつける(2個作る)。
  3. フライパンにサラダ油を5mmほどの深さに入れ、(2)を両面揚げ焼きする。両面きつね色に揚がったらバット等に取り、油をきる。
  4. さっとあぶった焼き海苔を半分に切り、(3)を乗せて、お好みで醤油をつけていただく。

レシピ考案:倉橋美樹さん

視察先の感想

天然の自然薯堀りを体験したことは数回ありますが、畑で栽培される自然薯を見るのは初めてで、自然薯の特製や天候を加味して考えられた栽培の仕組みに関心しました。

自然薯は、日本では縄文時代からあったとされ、「山ぐすり」と呼ばれるだけの滋養強壮効果のある芋とのこと。社長さまから、自然薯の冷凍保存方法や、美味しい頂き方などのレクチャーをいただいたことも大変有益な時間でした。

参照:くらみきブログ

肉吸い(大阪の食べ物で、肉うどんのうどんを抜いた汁、を楽しむ料理です)

~葉山牛を使ったレシピです~

肉吸い

材料(2人前)

  • 牛切り落とし肉…180g
  • 青ネギ…2本
  • 卵…4個(黄身2個は別途取り置く)
  • ごはん…2杯分

つゆ材料

  • 昆布・鰹だし…600cc
  • 淡口醤油…40ml
  • みりん…大さじ1
  • 酒…大さじ1

作り方

  1. 牛肉は一口大に切る。ネギは小口切りにする。卵2個は黄身のみ別途取り置き、残り(2個+白身2個分)は合わせて溶いておく。
  2. つゆ材料を合わせて火にかける。沸騰したら牛肉を入れ、アクを引く。
  3. ネギと、溶き卵を入れる。ひと煮立ちして卵に火が入ったら火を止める。器によそう。
  4. ごはんを茶碗に盛り、真ん中に黄身を乗せる。
  5. (4)を一口、口に入れ、(3)を食べ、口内調理を楽しむ。

レシピ考案:倉橋美樹さん

視察先の感想

神奈川県における最初のHACCP取得をされた牧場であり、衛生や安全に対する管理体制を整えることなど、意識の高い取り組みをされていることを感じました。
牛の飼料についても、エコフィードを取り入れ、乳酸菌発酵させたビール粕、大釜で炊く米など15種類の具材を取り合わせたものを与え、手間暇を惜しまず、牛の健康と食肉の味わいの向上(旨味のある赤身肉を作る)など、弛まぬ努力をされていらっしゃいます。牛に不要なストレスが無いため、啼かない、穏やかな牛が育つことがわかりました。

レストラン併設のマルシェのオープンや、いずれ放牧して乳牛を育て、自社製の牛乳や乳製品を提供すること等、夢を追う若い牧場主さんの熱意に打たれました。
いただいたビーフシチューのすばらしい味わいが、全てを物語っているように感じます。

参照:くらみきブログ

^