• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ

ホーム > お勧めレシピ > かながわブランドモニターのレシピ > 嶋田泉美さん考案のレシピ

お勧めレシピ
かながわブランドモニターのレシピ:かながブランド登録品等を使ったレシピ集です。

嶋田泉美さん考案のレシピ

葉山牛の混ぜ込みご飯

~葉山牛を使ったレシピです~

葉山牛の混ぜ込みご飯

材料

  • 葉山牛…150g
  • 油揚げ…1/2枚
  • 本しめじ…1株
  • 大葉…適量

調味料

  • 砂糖…大さじ1弱
  • 料理酒…大さじ1
  • めんつゆ…大さじ1
  • ステックだしの素…1/2本
  • 水…大さじ2

作り方

  1. 食材の油揚げは、一口台の大きさに切り、本しめじはヘタを切り取り適当にほぐしておく。牛肉は、切り落としならそのままで良い。
  2. フライパンに調味料を全て入れ、そこに材料の油揚げ、本しめじ、牛肉と重ねて入れる。蓋をして火にかけます。弱火で3分弱(肉が加熱された色に変化したら良い)肉だけ取り出す。
  3. 他の具材は汁が少し残る位まで煮詰める。(中火で3分ぐらい)煮詰めたら、火を止め取り出した肉を戻す。
  4. 全体を残りの汁が絡まる様に軽く混ぜ合わせる。粗熱が取れるまで置いておく。
  5. 炊いたご飯をボウルに取り、具材を混ぜ込みます。そこに、刻んだ大葉をお好みで混ぜ込んで下さい。また、お茶碗に盛り付けてから添えてもよいと思います。

レシピ考案:嶋田泉美さん

視察先の感想

石井牧場を見学して、一番感じたことは牛の飼育に手を掛けている事です。それは単に牛舎を清潔にしている、餌に気遣ってるいるというレベルではありません。牛の餌は、餌というより食事です。飼われている牛ものんびりしている。そう感じさせるのは、牛と牛が触れ合う様な場面でも鳴き声や争う様子がありません。ストレスを掛けずに育てる事で美味しい牛肉になるとよく聞く話です。他の牧場見学に行った時にも、その為の工夫を色々としていました。石井牧場の管理や飼育方法個性的であると思います。その牛肉は味合い深いものでした。見学後に石井牧場で飼育された葉山牛のビーフシチューを試食したのです。美味しさは肉だけでなくシチュー全体に広がり、野菜やソース全体が旨味を感じさせます。添えられたバッケト(パン)を使って最後のソースをすくて食べました。美味しいものを作るという事はとても手間暇がかかるものだと感じた見学となりました。

三浦キャベツの簡単サラダ

~三浦、横須賀キャベツを使ったレシピです~

三浦キャベツの簡単サラダ

材料

  • キャベツ…3枚
  • 酢漬けパプリカ…1/2個(焼いたパプリカを酢に漬けたもの)
  • オリーブオイル…小さじ1
  • ステックだしの素…1/5本
  • 削り節パック…1/2パック

作り方

  1. キャベツは水洗いして一口大に切りキッチンペーパーで水分を拭き取る。
  2. 酢漬けパプリカも一口大に切る。
  3. キャベツと酢漬けパプリカをジップロップに入れる。
  4. そこにオリーブオイルとステックだしの素と削り節を入れる。
  5. ジップロップを閉めて混ぜ合わせる。
  6. しばらく置き、味をなじませる。
  7. 少ししなったら、皿に盛り付ける。

レシピ考案:嶋田泉美さん

視察先の感想

三浦、横須賀キャベツは春先に出荷のピークを迎える。最も有名な三浦の春キャベツである。しかし、冬のキャベツもなかなか美味しい。冬キャベツで有名なのはカンダマである。カンダマは、葉がしっかりして煮込み料理に適したキャベツである。例えば、ロールキャベツなどです。今回簡単キャベサラダの使用したキャベツは、冬のカンダマキャベツではなくキン系という種類のキャベツです。このキャベツは、今の時期に出回る三浦、横須賀キャベツです。特徴は柔らかく甘みが強いものだと思います。柔らかいので生でも美味しいのですが、少し火を通すと甘さが際立ちます。このキャベツの美味しい食べ方は、ウィンナーや魚肉ソーセージと炒め塩コショウで味付けのみです。簡単ですが一番美味しい食べ方であると、キャベツを一年中取り扱っている市場関係者が教えてくれました。私は、美味しい野菜の食べ方としてシンプルさを大切にしています。キャベツの美味しい食べ方ですが、牛乳を沸かしその中にキャベツをちぎって入れ、火を止めカップスープをいる。忙しい朝にもお薦めです。美味しいキャベツは簡単で手軽使って欲しい野菜です。

^