ここから本文です。

 

かながわ あゆみ会 厚木市・座間市・愛川町・海老名市・清川村 設立…1959(昭和34)年6月24日

清流に育まれた台地の素朴料理

相模川と支流の中津川。その清流は流域の食生活を支えてきた。純山村の清川村や流水を利用した繊維業と養蚕で発展した愛川町、相模川の右岸の純農村地帯だった厚木、昭和初期まで県下最高の養蚕製造のほか麦類、陸稲、芋類を生産した座間、「海老名耕地」と呼ばれた穀倉地帯の海老名。台地の素朴料理は清流に育まれた。

厚木保健所で開催された食生活改善指導者講習会の修了生有志20人によって結成された。相模川の特産である「鮎(あゆ)」と「共に歩(あゆ)む」という意味合いを込めて命名された。「地域で暮らす家族の健康」「地域での健康の担い手」としてボランティア活動しているが、会員同士が交流を深め、信頼し合い、また都合のつく人が参加するなど自主独立の気風が会の特徴になっている。もっとも早く支部制をとったのと並行して、高齢者の食生活改善指導にも積極的に取り組む。「笑顔を忘れず、楽しく、しっかり、自覚を持って活動する」のが会のモットー。地域の特性や一人ひとりの生活体験を生かして健康づくりの歩みを続ける。

かながわ あゆみ会

 

提供レシピ

豆の親せき炒め      
豆の親せき炒め      

ページの先頭へ戻る