ここから本文です。

 

かながわ なごみ会 大和・綾瀬市 設立…1965(昭和40)年6月10日

健康野菜と高座豚

どこまでも広い空と広大な台地。大和市は相模野台地の東端にある。東側の横浜市瀬谷区との境には境川、市の西部には下草柳泉の森に水源がある引地川が流れ出る。その西側が綾瀬市。市内を目久尻(めくじり)川、蓼(たで)川、比留(ひる)川が南流する。引地川水系に位置する大和と綾瀬は豊富な野菜と特有の豚の品種にも恵まれ独自の食文化を形成してきた。かつては純農村市域であったが、工場と住宅化が進んでいる。

藤沢保健所大和支所で開かれた食生活改善指導者講習会修了生の大和市と綾瀬市の有志13人余によって、大和保健所の開設とともに発足した。大和の「和」は「なごむ」こと。「輪の中からなごやかに……」という願いを込めて命名されたのが「なごみ会」である。地域に根ざした主要な活動は女性の健康づくり。家庭にいて、検診を受ける機会の少ない19歳~39歳までの女性を対象に検診後の生活習慣病予防のためによく生活の改善指導を行っている。市の健康づくりや福祉活動を支える専門的ボランティア団体として活動する。

かながわ なごみ会

 

提供レシピ

さやいんげんのじゃこ煮 トマトとかぼちゃの煮物 鶏肉ときのこのソテー ジャポネーズソース  
さやいんげんのじゃこ煮 トマトとかぼちゃの煮物 鶏肉ときのこのソテー
ジャポネーズソース
 

ページの先頭へ戻る