ここから本文です。

秋野菜のレシピ 神奈川県産の旬の野菜を使ったレシピ集です。

さつま芋

干し芋

干し芋

材料

  • さつま芋…適量

必要な道具

  • ざる、網板など(さつま芋を干すための、通気性の良い入れ物)

作り方

  1. さつま芋を皮ごと水洗いする。
  2. 水洗いしたさつま芋を蒸し器に入れ、加熱する。
  3. 蒸し器に蓋をして、30分くらい蒸す。
  4. 蒸しあがったさつま芋の皮をむく。
  5. 皮をむいたさつま芋を1㎝くらいの厚みに切る。
  6. 薄く切ったさつま芋を、ざるまたは網板に並べ、広げる。
  7. 容器に並べたさつま芋を天日で干す。
  8. さつま芋が干しあがったら、密閉容器に入れて冷暗所で保存する。

ポイント

  • 干す時期は、寒い季節で晴れの日が3日間以上続くようなときが最適です。
  • さつま芋を干す期間は、天気にもよりますが1週間から10日程度です。
  • 風通しの良い場所に干し、夜は室内に入れてください。
  • 干しあがった芋は、冷蔵もしくは冷凍保存すると日持ちします。

干し芋はオーブントースターで焼いて食べると美味しいです。

 レシピ提供:農業技術センター

大学芋

大学芋

材料

  • さつま芋…500g
  • 砂糖…60g
  • 醤油…大さじ2/3
  • 水…大さじ2
  • 黒ごま…小さじ1
  • 揚げ油…1リットル

作り方

  1. さつま芋は皮をつけたまま良く洗う。
  2. さつま芋を一口大の大きさに切る。
  3. 切ったさつま芋は水につける。
  4. さつま芋の表面に水分が残らないように、ふき取る。
  5. 揚げ油を180度に熱する。
  6. (5)の揚げ油に(4)のさつま芋を入れ、表面が淡く色づいて竹串が楽に通るまで(約7~8分)揚げる。
  7. 鍋に砂糖、醤油、水を入れて加熱する。
  8. (7)が煮立ち、泡立ち、飴状になってきたら、(6)の揚げたてのさつま芋を加え、手早く絡める。
  9. (8)の絡めたたれが乾かないうちに黒ごまをパラパラとふり、全体に絡める。

ポイント

  • さつま芋の大きさを揃えて切ると、油で揚げるときに楽で、盛り付けたときにも見た目が良いです。
  • たれは大きな鍋で作ると、さつま芋と絡めやすいです。

 レシピ提供:農業技術センター

さつまいものポタージュ

さつまいものポタージュ

材料(4人分)

  • 玉ねぎ…1/2個
  • さつまいも…350g(大1個程度)
  • バター…大さじ2
  • 牛乳…1と1/2カップ
  • 水…1と1/2カップ
  • コンソメ…適量
  • 塩・こしょう…適量
  • 生クリーム…大1

作り方

  1. 玉ねぎ、さつまいもを薄切りにする。
  2. なべにバターをとかし、玉ねぎを入れよく炒め、しんなりしてきたら、さつまいもを加えてさらに炒める。
  3. 水を加え、やわらかくなるまで煮る。
  4. (3)をミキサーにかけ、なめらかにして鍋に戻し入れ、コンソメ、牛乳を加えて、火にかける。沸騰直前に火を止め、塩、こしょうで味をととのえる。
  5. 仕上げに生クリームを加える。

※「玉ねぎ」を「ねぎ」に、「さつまいも」を「じゃがいも」に変更しても美味しく作れます。

 レシピ提供:かながわブランド振興協議会

ページの先頭へ戻る