ホームかながわ産品の販売旬の選りすぐり産品特集~バックナンバー~>平成23年度第2回 旬の選りすぐり産品特集~湘南そだち米(キヌヒカリ)~

ここから本文です。

平成23年度第2回 旬の選りすぐり産品特集~湘南そだち米(キヌヒカリ)~

特集 旬の選りすぐり

 

昨年この特集で販売した、かながわの新米「湘南そだち米(キヌヒカリ)」。ご好評につき、今年も販売することになりました!!
スーパーなどにはあまり出回らないため、地元直売所などの限られた場所でしか手に入らない新米「湘南そだち米(キヌヒカリ)」を、今回は、40箱限定でみなさまにお届けします。精米したてのおいしさを、ぜひ味わってみてください。

 

販売は終了しました。

 

ご注文されたお客様へ(支払方法などについて)

バックナンバーはこちら

「湘南そだち米」とは?

湘南そだち米は、これは湘南で作られている「キヌヒカリ」と「さとじまん」という品種のお米の一等米のみを集めた銘柄で、かながわブランドにも認定されています。
中でも今回販売する「キヌヒカリ」は、その名前のとおり「キヌ」のようになめらかな光沢があり、もちっとした粘りと口の中でぱらりとほぐれるあっさり感とのバランスが絶妙なお米です。強い粘り、強い香りではなく、やさしくちょうどよく飽きのこない甘みと香りで、酢飯などにも向いています。また、冷めてもおいしいのでお弁当などにも良いとのこと。この機会にぜひ地元・神奈川のお米をお試しください。

 

旬の選りすぐり産品特集(湘南そだち米(キヌヒカリ))【H22年11月掲載】

今年の「湘南そだち米(キヌヒカリ)」

並んでいる新米

実りの秋、今年も新米の季節がやってきました!今年の秋の旬の選りすぐり産品特集では、ご好評につき昨年につづき「湘南そだち米(キヌヒカリ)」をご紹介することになりました。

昨年は例年にない猛暑の影響で、お米の色が白くにごってしまう乳白米が増えたり、粒があまり大きくならなかったりと、農家の方々を悩ませる年になりましたが、今年はどうだったのでしょうか?詳しいお話を聞きに、10月初旬、昨年も「湘南そだち米(キヌヒカリ)」を販売してくださったJA湘南 経済センターに伺いました。

米粒のチェック

そこでは今まさに刈り取られた新米がずら~っ!と並んでいて、職員の方々の検査を受けているところでした。皆さん真剣な表情で、各農家の方が持ってきたお米を丁寧に一袋ずつ見ています。黒いトレーと白いトレーにお米を取り出し、乳白米や黒や緑に変色してしまったお米はないか、粒の大きさはどうか、などをチェックします。その結果により1等から3等まで等級が付けられるのです。

検査をしていたJA湘南の方に今年のお米の状況を伺ってみると、「とても良いですよ。例年より田植え時期を少し遅らせて猛暑対策をしましたし、田んぼの水をこまめに入れ替えて土の温度上昇を抑えるなど、生産者の方々の努力もあり、今年は粒も大きく味も良いです。ちょうど収穫期に大型台風も来て心配していましたが、倒伏後早めに対処したおかげでそれほど大きな被害はありませんでした。」とのこと!

また、原子力発電事故による農作物の放射性物質汚染などにより、ますます食の安全・安心に注目が集まっている現在ですが、「湘南そだち米(キヌヒカリ)」はその点にも力を入れています。

  • 神奈川県産米は放射性物質不検出!
    平成23年9月13日付けで神奈川県が県産米の放射能濃度検査を実施したところ、放射性物質は不検出でした(「消費者の皆様へ 23年産米の安全性を確認いたしました」pdf)。
  • 平成23年産の「湘南そだち米」は「安全」「安心」強化栽培!
    本年産の「湘南そだち米」は、<種子更新(しゅしこうしん)>と<温湯種子消毒(おんとうしゅししょうどく)>処理100%です(「平成23年産米は「安全」「安心」強化栽培」pdf)。
    JA湘南では、今年産米から「安全」「安心」強化栽培として、毎年の種子更新/温湯種子消毒処理を栽培条件に掲げ、徹底に取り組んでいます。

<種子更新とは>

お米の品種特性を維持するためには、毎年原種の種子から育てた苗で田植えをする必要があります。自分の田んぼで作ったお米から翌年の種子を確保する方法を自家採種といい、これを繰り返すと、品種本来の性質が失われ、味や品質、収穫量が落ちたり、病気のリスクも増えたりなど、さまざまな問題が発生します。これを防ぐために、品種の遺伝子と品質の確かなことが検査証明された種子を生産者が購入してお米を育てることを、種子更新といいます。

 

<温湯種子消毒>

これまで、病気予防などのために農薬を使って種子の消毒をしていましたが、JA湘南は県内のJAに先駆けて、種子を60℃のお湯に浸すことで消毒をする、「温湯種子消毒」に取り組んでいます。食べる人も安心、環境にもやさしい消毒法方です。

 

「湘南そだち米(キヌヒカリ)」は、そんな生産者と販売者の皆さんの努力と苦労の結晶です!さらに、かなさんの畑の特集では商品を発送する直前に精米してお届けします。また、昨年度のご好評にお応えして、玄米もご用意しました!ぜひこの機会に、かながわのお米「湘南そだち米(キヌヒカリ)」を味わってみてください。

かなさんの畑では、特に選りすぐりの「湘南そだち米(キヌヒカリ)」をご自宅までお届けします!

かなさんの畑では、「湘南そだち米を食べてみたいけど、現地まではなかなか行けない」「お米は重いから買って帰るのが大変…」というご意見にお応えするため、40箱限定で、ご自宅まで「湘南そだち米(キヌヒカリ)」をお届けします。

米袋
※商品イメージ写真
かなさんの畑で販売する「湘
南そだち米」特に選りすぐっ
た逸品を、直接ご自宅までお
届けします。       

商品概要

<販売商品>

「湘南そだち米」
1.白米 1箱10kg(5kg袋×2)4,700円(消費税、送料、手数料等全て込み)※精米済み。
2.玄米 1箱10kg(5kg袋×2)4,300円(消費税、送料、手数料等全て込み)※未精米。
※玄米は、糠(ぬか)の重さを除くと、約1割程度軽くなります。
 また、白米は精米の手間がかかりますので、白米と玄米では価格が異なります。
 お申し込みフォームにご入力する際に、白米か玄米かを選択してください。

 

<予約受付期間>

平成23年11月7日(月)から11月17日(木)まで

 

<商品発送予定>

平成23年11月24日(木)から11月30日(水)の間

※40箱限定での販売です。
 申込者多数の場合は、抽選となり、抽選結果は11月22日(火)までに郵送でお知らせします。
 詳しくは、購入ページをご覧ください。

今回のかなさん

JA湘南の方々

今回「湘南そだち米(キヌヒカリ)」を皆さまの食卓に届けてくれるのは、お米の精米や販売をされているJA湘南の方々です。

JA湘南では、自社内にお米を備蓄できる大きな低温貯蓄倉庫や精米機を整備しており、私たちの食卓に安全・安心なお米を届けてくれています。

「湘南そだち米(キヌヒカリ)」を手に入れるには…

グーツエクスプレス平塚PA店

  • JA湘南農産物直売所「あさつゆ広場」(平塚市寺田縄424-1)
    →基本は玄米での販売です。ご希望があれば店内の精米機で精米してくれます。
  • 平塚パーキングエリア内「グーツエクスプレス平塚PA店」
    →この秋から、平塚パーキングエリアの中にある「グーツエクスプレス平塚PA店」店内でも「湘南そだち米(キヌヒカリ)」(精米)を販売するとのこと!平塚パーキングエリアにお立ち寄りの際には、ぜひお買い求めください。

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る