• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • インスタグラム(外部サイト)
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ

ホーム > お勧めレシピ > かながわブランドのレシピ > 幻の平塚クリマサリ

お勧めレシピ
かながわブランドのレシピ:かながブランド登録品を使ったレシピ集です。

幻の平塚クリマサリ

くりまさりのポタージュおうちごはんレシピ

くりまさりのポタージュ写真

材料(4人分)

  • クリマサリ…300g
  • 玉ねぎ…50g
  • バター…10g
  • ブイヨンと水…250ml
  • 牛乳…100~150ml
  • 塩・胡椒…適量
  • 生クリーム(お好みで)…少々
  • クリマサリ・人参・れんこん等全量で…150g

A

  • 水…100ml
  • ブイヨン…4g
  • 塩・胡椒…少々

作り方

  1. クリマサリは皮を剥き、縦半分に切り、2cm厚さの輪切りにして水にさらし、ざる上げする。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 人参は8mm角、残りの野菜は1cm角に切る。耐熱容器に入れ、Aを入れてラップをかけ、電子レンジに4―5分かける。(3分で取り出して一度混ぜる)
  3. 鍋にバターを入れて火にかけ、溶け始めたら玉ねぎを入れて2-3分炒める。クリマサリを入れて全体にバターが回るまで炒める。(2)を濾してスープを取り出し、水と合わせて250mlにして加え、15分程煮る。
  4. (3)の粗熱を取り、牛乳を加えてブレンダーで攪拌する。(濃度は牛乳で調整する)鍋に戻して温め、塩・胡椒で味を調える。
  5. (2)を器に盛り、温めた(4)を注ぎ入れる。お好みで生クリームを回しかけていただく。
Point!
  • 中にゴロゴロのお野菜を忍ばせているので、食感が楽しく、食物繊維もしっかりと摂ることができます。クリマサリの‘栗にもまさる’まろやかな甘みが活きたポタージュです。

レシピ考案:倉橋美樹さん

リンゴの形のリンゴきんとんおうちごはんレシピ

年末年始に向かい、クリスマスにもお正月にも使える、おうちレシピです。
リンゴを使うことで、クリスマスのデザートにもお洒落に使えます。
栗きんとんのアレンジレシピなので、お節料理のきんとんの代わりにも使えます。
楽しく作って、おいしく食べて、おうちでも外食気分を味わえます。

甘味はお好みに調節でき、形はどんな形にも作れて楽しいお料理時間を過ごせます。
クコの実の代わりに、レーズンや胡桃などに変えても良いです。
シナモンの代わりに柚子の皮のすり卸しを加えれば、和風の薫りになります。

おかずにも、おやつにもなるレシピです。

リンゴの形のリンゴきんとん写真

材料

  • リンゴ…1個
  • 上白糖…小さじ2
  • 薩摩芋(クリマサリ)…400g
  • シナモン…お好みの量
  • クコ…小さじ2
  • 水…少々

A

  • 砂糖…50g
  • 味醂…大さじ1
  • 茹で汁…1/3カップ

作り方

  1. リンゴは櫛形に切り、芯を除く。皮を5mm位残し、果肉を切り取る。粗みじんにして、砂糖でさっと 乾煎りする。
  2. 薩摩芋(クリマサリ)は皮をむき、適宜に切って水に晒した後、水から柔らかく茹でる。マッシャーで丁寧に潰す。
  3. (2)とAを鍋に入れ、火にかけて練り上げる。最後に(1)を混ぜる。
  4. リンゴの皮は、250℃の天火で約5分焼く。
  5. (4)に(3)のきんとんを盛り付け、リンゴの形に作る。戻しておいたクコを飾る。

レシピ考案:阿部富美さん

芋ようかん

芋ようかん出来上がり写真

スチームまたは茹でる場合

  • さつまいも(クリマサリ)…1本(約300g)
  • 砂糖…裏ごししたサツマイモ100gあたり10~12gが目安。芋の甘味で加減する

作り方

芋ようかん写真

  1. さつまいもを洗って、へたを切り、皮をむく。2~3センチの輪切りにし、30分水にさらす。
  2. さつまいもを蒸し器に並べ、70℃30分加熱する。
    茹でる場合は、鍋にさつまいもと、かぶるくらいの水を入れ、柔らかくなるまで茹でる。
  3. 竹串をさして、柔らくなったことを確認する。
  4. スピードカッターに熱いサツマイモを入れ、攪拌する。
    1. 芋の繊維が気になる場合は、さらに裏ごしする。
  5. 鍋に裏ごししたさつまいもを入れ、分量の砂糖を加え、湯煎で熱を加えながら、砂糖が溶けるまで、練り上げる。粘りが強い場合は、大さじ2杯程度の水を加えて練る。
  6. 熱いうちに、型に詰め、ラップでぴったりとふたをし、落し蓋をし、軽い重石で、空気をぬき、整形する。
    ※型がない場合は、お菓子箱等にクッキングペーパーを敷き用意する。
  7. 冷蔵庫で冷やし固める。
  8. 食べるときは、糸で切り分ける。

電子レンジの場合

  • さつまいも(クリマサリ)…1本(約300g)
  • 砂糖…裏ごししたサツマイモ100gあたり10~12gが目安。芋の甘味で加減する

作り方

芋ようかん工程2写真
芋ようかん工程3写真

  1. つまいもを洗って、へたを切り、30分水にさらす。
  2. 濡らしたクッキングペーパーでさつまいもを巻いて、ラップで巻く。
  3. 電子レンジ(500~600W)で片面1分加熱する。
  4. さつまいもを裏返して、解凍モード(150W)で15分、低温モード(200~300W)で10分加熱する。
    竹串をさして、楽に刺さるくらいの柔らかさまで加熱する。
    1. 電子レンジ以外では、鍋に水とサツマイモを入れ、柔らかくなるまで煮るか、蒸し器で蒸してもよい。
    2. 竹串をさして、刺さる柔らかさ。
  5. さつまいもの皮をむく
  6. 熱いうちに裏ごしする。
  7. 計量し、裏ごししたさつまいも100gあたり10gの砂糖を加え、練り上げる。
    (さつまいもが冷めている場合は、容器に入れ、電子レンジで1分加熱してから練り上げる。)水分が足りない場合は、大さじ2のお湯を加えて、練り上げる。
  8. 熱いうちに、型に詰め、ラップでぴったりとふたをし、落し蓋をし、軽い重石で、空気をぬき、整形する。
  9. 冷蔵庫で冷やし固める。
  10. 食べるときは、糸で切り分ける。
  • メモ
    原料292g→皮むき後239g

^