• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • Facebookページ
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ

ホーム > お勧めレシピ > 春野菜のレシピ > 春キャベツ

お勧めレシピ
春野菜のレシピ:神奈川県産の旬の野菜を使ったレシピ集です。

春キャベツ

春キャベツと豚肉の辛味ソースかけ

~春キャベツは葉が薄く、柔らかいもち味を活かしたピリ辛サラダ~

春キャベツと豚肉の辛味ソースかけ

材料

  • 豚もも肉…320g
  • キャベツ…280g
  • ラディッシュ…4本
  • 貝割れ…1パック
  • 塩…適量
  • 酒…適量

〈辛味ソース〉

  • ねぎ…40g
  • しょうが…1片
  • 砂糖…小さじ1
  • 酢…小さじ4
  • 醤油…大さじ2
  • ごま油…小さじ2
  • 豆板醤…少々
  • 塩…少々
  • 酒…少々

作り方

  1. 薄切りにした豚もも肉は塩と酒を入れた沸騰湯に、1枚ずつ入れ、色が変わったら、冷水にとる。
  2. キャベツは塩を入れた熱湯でゆで、ざるに上げて手早く冷まし、ひと口大に切る。ラディッシュは薄く切り、貝割れは根元を切り、半分の長さに切る。
  3. 辛味ソースを作る。ねぎ、しょうがはみじん切りにし、調味料と混ぜ合わせる。
  4. (2)の野菜を合わせて盛り、水気を切った豚肉をのせ、(3)のソースをかける。

ひじきとキャベツの和風サラダ

~ひじきとキャベツの異なる歯ごたえが満足感を与えてくれる~

ひじきとキャベツの和風サラダ

材料

  • ひじき…40g
  • キャベツ…1/4個
  • かに風味かまぼこ…4本

A

  • 酢…大さじ4
  • 醤油…大さじ3
  • サラダ油…大さじ2
  • 砂糖…小さじ2
  • 溶きがらし…小さじ1

作り方

  1. ひじきは熱湯にくぐらせてから水洗いをし、水気を切る。キャベツはせん切りにして水に放し、水気を切る。かに風味かまぼこはほぐしておく。
  2. ボウルにAを合わせ、(1)を加えて和える。

ボルシチ

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

ボルシチ

材料

  • キャベツ(冬藍)…1/2
  • じゃがいも…2個
  • 玉ねぎ…2個
  • にんじん…2本
  • トマト…1個
  • セロリ…1本
  • 牛筋肉…200g
  • ビーツ缶詰
  • 固形スープの素…1個
  • バター…25g
  • にんにく…1片
  • ローリエ…2枚
  • 水…800cc(煮込み用)
  • 塩、こしょう、サワークリーム

作り方

  1. 牛すじを塊のままアクをこまめに取りながら、15分程茹でる。
    牛すじを1口大に切り、新しく沸騰させたお湯でやわらかくなるまで茹でる。
  2. じゃがいも、にんじん、セロリは大きめの乱切り、玉ねぎは1/4のくし切り、キャベツは6等分にくし切りする。トマトは湯むき後、粗く刻む。
    にんにくは薄切りにしておく。
  3. 鍋にバターを溶かしにんにく、じゃがいも、玉ねぎ、セロリ、にんじん、キャベツを軽く炒める。
  4. (3)に刻んだトマトを加え炒め合わせる。
  5. (1)の煮汁と固形スープの素、ローリエを加えて弱火で40分程コトコト煮込む。
  6. (5)にビーツの缶詰(汁ごと)と牛すじ肉を加えて更に10分程煮て塩、こしょうで味を調える。
  7. 器に盛り付けサワークリームとディル(飾り用)をトッピングする。

レシピ考案:浅井さやかさん

視察先の感想

生産者の方のお話を伺い、きれいに整えられた畑の野菜は台風の被害や病害虫の被害を乗り越えて大切に育て上げられたものなのだということを実感しました。
生産者の方のご苦労や工夫・天候との関わりを知り大変勉強になりました。
驚きだったことは植物性のたい肥作りについてでした。
畑一面に育てられた麦は肥料用だということ、土地の栄養価の高い黒土で時間と手間をかけてあの様な新鮮な野菜が採れるということを知りました。
個人的にはキャベツの収穫体験が楽しかったです。
桐ケ谷さんのやさしいお人柄も印象的でした。

巻き巻きキャベツ

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

巻き巻きキャベツ

材料(3人分)

  • 藤沢産キャベツ大3枚
  • 柚子皮

A

  • 鶏挽肉…300g
  • 卵…S1個
  • 藤沢産長葱(みじん切り)…10cm分
  • 生姜(卸)…1欠分
  • 長芋(粗みじん)…50g
  • 味噌…大さじ1/2
  • キャベツの芯(みじん切り)…3枚分

B

  • 昆布出汁…300cc
  • 砂糖…小さじ1/2
  • 醤油…小さじ1

作り方

  1. キャベツは葉を破れないようにしながら、さっと湯をくぐらせる。芯の部分をそぐ。
  2. 鶏ひき肉をボールに入れ、卵を入れてよく練り混ぜる。野菜と味噌を加えて均一に混ぜる。
  3. キャベツの葉の水分を拭いて広げ、(2)の肉を等分に分け、細長く整形して、細巻きのように巻き上げる。
  4. 鍋にBを入れ、(3)の巻き終わりを下にして入れ、落し蓋をしてゆっくり煮含める。
  5. 火が通ったら、食べやすい長さに切り分けて盛り付け、煮汁を少々かけ、柚子皮の千切りを散らす。

レシピ考案:阿部富美さん

視察先の感想

とても手入れの行き届いた、美しい畑で、愛情込めて育てられている野菜だという事が、一目でわかりました。土(畑)のこだわりの生産方法を伺い、感銘を受けました。

丸ごとキャベツのちがさき牛ミルフィーユ

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

丸ごとキャベツのちがさき牛ミルフィーユ

材料(4人分)

  • 藤沢産キャベツ…大サイズ(中心側 1/2個分)
  • ちがさき牛切落し…200g
  • 生クリーム…1/2C
  • 粗塩…小さじ1/4
  • 藤沢産ブロッコリー…適宜
  • タコ糸

A

  • 水…1C
  • 白ワイン…1/2C
  • ロリエ…1枚
  • ローズマリー…少々

作り方

  1. キャベツは外の葉を剥がし、半分くらいの大きさにする。芯をくりぬき、丸ごと熱湯につけ、くりぬいた部分から、少し葉がはがれやすくする。(剥がさない) 芯の部分をしたにし、しっかり水気を落とす。
  2. 葉の間に、ちがさき牛を広げて挟み込む。
  3. 全体を、タコ糸で縛る。
  4. (3)が入る鍋にAを入れ、芯の部分を下にして、コトコトと煮込む。途中で上下返して、更に煮込む。
  5. 煮汁が少なくなり、キャベツと肉に火が通ったら、生クリームを足し、味を調えて、火を止める。
  6. 取り出し、櫛形に切り分け、煮汁を張り、茹でたブロッコリーを添える。

レシピ考案:阿部富美さん

藤沢キャベツのマヨチーズ焼き

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

藤沢キャベツのマヨチーズ焼き

材料(3人分)

  • 藤沢産キャベツ…1/4個
  • スライスハム…4枚
  • マヨネーズ…大さじ2
  • 塩、胡椒、シュレッドチーズ…適量

作り方

  1. キャベツは食べやすい大きさに切り、スライスハムは8mm位の幅に切る。
  2. 耐熱容器にキャベツを入れラップで覆い500wで2分位加熱する(レンジ加熱は機種によって異なりますので、キャベツがしんなりとする位加熱してください)。
  3. (2)の水分を軽く切り、スライスハムとマヨネーズを入れて更に2分位加熱する。
  4. (3)に軽く塩、胡椒で味をつけ、さっと混ぜる。グラタン皿に入れ、シュレッドチーズを適量のせて焦げ目がつくまでオーブンで焼く。

レシピ考案:太田百合子さん

視察先の感想

桐ケ谷さんが手間暇かけて藁や麦で作られた堆肥によって土壌の状態が良好になり、このような美味しいキャベツが出来ることを知りました。とてもお勉強になりました。
また、雑草を手作業で除去され、手入れの行き届いた畑はとても美しかったです。
悪天候に見舞われながらも、真心込めて作られていることに心より感謝しています。
これからも応援してまいります。

ガーリックキャベツ

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

ガーリックキャベツ

材料(4人分)

  • 藤沢産キャベツ…1/2個
  • にんにく…5片
  • 油揚げ…3枚
  • かつおパック…1袋
  • 醤油…大さじ2
  • ごま油…大さじ1
  • 七味…お好みで

作り方

  1. 藤沢産キャベツは半分にカットしたあと芯を取り、手で適当な大きさにワシワシちぎる。
  2. にんにくはスライスに、油揚げは横3等分にカットしたあと、三角に切る。
  3. 中華鍋を煙が出るまで熱し、油揚げを軽く焦げ目がつくように炒る。
  4. 一旦油揚げを取り出したら弱火にし、ごま油を入れてにんにくを投入。
  5. 少々色づいてきたら(1)のキャベツを入れ中火にし、油が馴染む程度に炒める。
  6. 鍋はだから醤油を回しかけ、しっかりキャベツ全体によく行き渡るように混ぜながら炒める。
  7. 最後に(3)の油揚げを戻し入れざっと混ぜたら器に盛り、たっぷりと鰹節をかけて七味を振り完成。
Point!
  • 藤沢産キャベツは歯切れがとても良いので、大胆に大きめにちぎり、食感を楽しめるようにしました
  • 藤沢産キャベツの甘味がとても強いので、醤油を気持ち多めくらいにしたほうが、味のバランスがよく、ご飯のお供として美味しく頂けました
  • とにかく素材の味が楽しめるよう味付けはごくシンプルに、日本人の大好きなガーリック醤油としました

レシピ考案:河東成江さん

視察先の感想

減農薬の為の取り組みが素晴らしく、手間をかけて栽培してるのがよくわかりました。そして、それを自慢するようなところが全くなく、当たり前の事としてさらりと受け答えしているところに感銘を受けました。また、天災についても凹みすぎることなく、農家の宿命として受け止めて、粛々と仕事に臨まれている姿に真の強さを感じた。このような農家さんが多いために、神奈川県では土地生産性の高い、付加価値のある農作物が作れるのだなと納得しました。

シューファルシ

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

シューファルシ

材料(4人分)

  • キャベツの葉(外皮を含め)…2/3個(大15枚)
  • 水…800ml
  • 白ワイン…100ml
  • ブイヨン(4g)…3個
  • 塩・胡椒…適量

詰め物1

  • 牛豚あいびき肉…500g
  • 塩…小さじ1
  • 黒胡椒…少々
  • 玉ねぎ…1/2個(120g)
  • ニンジン…50g
  • 卵…2/3個

詰め物2

  • 鶏ももひき肉…300g
  • 塩…小さじ1/2
  • 黒胡椒…少々
  • パルミジャーノ(粉末)…大さじ1
  • 玉ねぎ…1/3個(90g)
  • キャベツの芯(茹でたもの)…適量
  • 卵…1/3個

作り方

  1. はがした葉を3-4枚ずつ重ねてラップをし、電子レンジに3分かける。
  2. 詰め物1はあいびき肉、塩を粘りが出るようにこね、黒胡椒、玉ねぎ、ニンジンのみじん切り、卵を入れて混ぜる。
  3. 詰め物2は鶏ひき肉、塩を入れ、粘りが出るようにこね、黒胡椒、パルミジャーノ、玉ねぎ、キャベツの芯の部分のみじん切り、卵を入れて混ぜる。
  4. 冷めたキャベツの葉を広げ、詰め物1をひとつかみ分、中心に乗せて葉で包む。別の葉を広げて詰め物2を塗るように広げ、先に包んだものを包む。以上を詰め物が無くなるまで繰り返し、最後は外葉をかぶせるようにして形を整える。
  5. 厚底の鍋に(3)を入れ、水、白ワイン、ブイヨンを入れて中火にかけ、沸騰したら蓋をして弱火で30分煮込む。味を確認し、塩・胡椒で調える。

レシピ考案:倉橋美樹さん

視察先の感想

「冬蘭」のキャベツ畑のきれいさに驚きました。通路には除草剤を撒くそうですが、畑の中の雑草はすべて手で抜くとのこと。大変な労力を要する作業ですが、その手間と愛情がきれいな、美味しいキャベツを産むのだと実感しました。春キャベツの苗は、台風、大雨で水をかぶり、根がやられてしまい、育成状況が悪くまだ痛々しいほどの成長具合。収量も何割か減りそうとのことで、胸が痛くなりました。

和風コールスロー

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

和風コールスロー

材料(4人分)

  • キャベツの葉(中心に近い部分)…5-6枚(350g)
  • 塩…小さじ1程度

調味料

  • 柚子胡椒…小さじ2
  • 米酢…大さじ2
  • 醤油…小さじ1
  • アマニ油…大さじ1(サラダ油でも可)
  • 柚子(小)…1個

作り方

  1. キャベツの葉を千切りにする。ボウルに入れ塩をして全体を軽く揉みこむ。15分ほどおいてしんなりしたら軽く絞る。(絞った後、ペーパータオルで水分を取ると良い)
  2. 柚子の皮を薄く剥き、千切りにする。果汁は絞る。ボウルに柚子胡椒、酢、醤油、柚子の果汁、皮を入れ、混ぜる。アマニ油を入れて混ぜる。
  3. (2)に(1)を入れて和える。

レシピ考案:倉橋美樹さん

即席ザワークラフト

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

即席ザワークラフト

材料

  • キャベツ…1/2
  • ローリエ…1.2枚
  • 黒コショウ粗挽き…適宜

A

  • 塩…小1
  • 純米酢…1/2カップ
  • 水…1/2カップ
  • 白ワイン…1/2カップ
  • コンソメ顆粒…小1

作り方

  1. キャベツ1/2の芯を取り、粗い千切りにする。
  2. 鍋に湯を沸かし、(1)を1分ほど茹でる(レンジでも)。
  3. 小鍋にAをいれ、煮立たせる。
  4. 少し冷めたキャベツをよく絞る。
  5. 煮沸した瓶か、フリーザーバッグに(4)と(2)とローリエ、黒コショウを入れ、冷蔵庫にいれる。

レシピ考案:髙橋浩美さん

視察先の感想

桐ケ谷さんの親切丁寧で、農業に真摯に向き合う姿勢に、いつも安心安全で新鮮な農産物を提供していただいていることを確信しました。新鮮なキャベツは更に美味しいです。

ロールキャベツのきのこソティー添え

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

ロールキャベツのきのこソティー添え

材料

  • キャベツ…5枚
  • 舞茸または本しめじ…適宜
  • バター…適宜
  • 塩・胡椒…適宜
  • パルメザンチーズ…少々

作り方

  1. キャベツを5枚芯をとり、水洗いしてラップに包みます。
  2. (1)を電子レンジで加熱します。1000W1分内し、1分30秒の間でです。葉の大きさや枚数によって調整して下さい。
  3. キャベツの加熱が出来たら、ラップをはずし、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。
  4. キャベツを冷ましてから、ラップで巻きしばらく置いていきます。
  5. その間に、きのこのソティーを作ります。きのこはその時の旬のものまた、あるものでいいと思います。
  6. 舞茸や本しめじでを手で裂き、バターで軽くソティーします。味付けには、塩胡椒を軽く振り、パルメザンチーズを少し加えと風味が増します。
  7. キャベツを一口だいに切り、ラップをはずします。
  8. キャベツを皿に並べ、ソティーしたきのこを添えて完成です。

レシピ考案:嶋田泉美さん

視察先の感想

キャベツ畑での収穫は、食の尊さを実感しました。それは、確かに収穫する直前まで生きていたと感じたからです。包丁で根元から切った時にこぼれ落ちた水滴。水水しくて、美しい水滴がポタポタとキャベツの軸から噴き出してきました。その時、全てを美味しく味わおうと思いました。生産者の方の話を聞き、野菜を育てる事への真摯な姿勢を感じました。農薬や飼料散布の記録も拝見した。その誠実な仕事に対して、私たちも答える必要があるとかんじたのです。食に対する謙虚で真摯な対応です。それは、無駄にする事なく美味しく食す事だと考えます。そして、身近な食文化を大切にする事です。もっとかながわの食材を知りたいと、心から感じた視察となりました。

キャベツの春巻き

~藤沢産キャベツ(春キャベツ)を使ったレシピです~

キャベツの春巻き

材料(4人分)

  • 藤沢産キャベツ…4枚
  • 春雨…30g
  • 切り干し大根…10g
  • エビ…8尾
  • ニラ…4本
  • パクチー…お好みで

タレ

  • 鵠沼魚醤(ナンプラー代用可)…大さじ2
  • 米酢…大さじ2
  • レモン汁…大さじ1
  • 砂糖…大さじ1と1/2
  • トウガラシ輪切り…1本分

作り方

  1. きゃべつは1枚ずつ丁寧にはがし、電子レンジで2分加熱をする。最初にキャベツの芯の部分を切り取り、残った葉を半分に切る。
  2. 春雨は表示とおりにゆでてから食べやすい大きさに切る。
  3. 水で戻した切り干し大根は1cmに切る。
  4. エビはゆでてから縦半分に切る。
  5. ニラは半分に切る。
  6. パクチーは食べやすい大きさに切る。
  7. タレを合わせる。
  8. キャベツの上に(2)から(6)までをのせ、ニラは巻口からでるようにして春巻きのように巻く。
  9. タレに漬けて食べる。

レシピ考案:日置里枝さん

視察先の感想

今年は秋の台風が連続してあったこともあり、農作物等への影響を普段の生活の中で多少は感じてはいたものの、実際に生産現場をみてその現実を知りました。そんな中、すくすく育つキャベツをみて、改めて生産者の方への感謝の気持ちを持ちました。こうやっておいしい野菜が食べれることを当たり前と思わないこと。まずはそれをこれから発信したいと思っています。

^