• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • インスタグラム(外部サイト)
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ
もっと知りたい神奈川の農畜水

くり(栗)

かながわで出回る時期 9月上旬から10月上旬まで

かながわのくり

くり写真

神奈川県におけるくりの栽培は、明治35年~36年頃から川崎市や横浜市北部の多摩丘陵地域で産地化されたのが最初といわれています。その後、徐々に県内に広まっていきましたが、昭和25年当時には県全体の栽培面積96ヘクタールのうち、両市で68ヘクタールを占めていました。ところが、くりの大害虫であるクリタマバチが昭和26年に大発生し壊滅的な打撃を受け、それを機に耐虫性の品種の選抜が行われ、代表的な品種である丹沢、伊吹、筑波が誕生しました。

ワンポイントアドバイス

果皮につやと光沢があるもの、ふっくらと丸みがあり重さを感じるものが新鮮な栗です。栗は鮮度の低下とともに食味が落ちていくため、新鮮なうちに食べてください。採れたての栗は、渋皮煮や甘露煮、洋風のお菓子にも最高です。

^