• ホーム
  • 地産地消のススメ
  • かながわブランドの紹介
  • かながわ産品の販売
  • インスタグラム(外部サイト)
  • よくある質問
  • 県産品を扱う事業者の方へ
もっと知りたい神奈川の農畜水

こまつな(小松菜)

かながわで出回る時期 通年

かながわのこまつな

こまつな写真

神奈川県内では、明治40年頃、横浜市で栽培が始められ、各地域に栽培が広がりました。農林水産省の統計(農水省統計情報データベース)によると、平成15年には江戸川区を抜いて横浜市での収穫量が全国一となりました。また、平塚市でも、昭和50年代に水田転作作物として栽培が増加し、基幹作物として定着しています。

現在は、露地、ハウス、トンネルなどで栽培され、周年出荷されています。

ワンポイントアドバイス

周年栽培されていて、あくが少ないので下ゆでなしでお浸し、煮浸しに活用することができますが、冬が旬の野菜で、12月に入り、霜に当たると葉肉が厚く柔らかくなり、あくが抜けて甘みが増します。正月のお雑煮に使われる地域も多いようです。炒め物にしたり、軽くゆでであえ物やサラダにしても美味しくいただけます。

しょうなん小松菜

小松菜とホタテのマリネ~ゆずドレッシング~

かながわブランドコンダクター浅井さやかさん考案

しょうなん小松菜のクリームチーズ和え

かながわブランドコンダクター太田百合子さん考案

しょうなん小松菜のおつまみ小鉢3品

かながわブランドコンダクター河東成江さん考案

エスニック風小松菜と厚揚げの炒め物

かながわブランドコンダクター倉橋美樹さん考案

湘南小松菜のパスタペペロンチーノ

かながわブランドコンダクター倉橋美樹さん考案

明太子小松菜カルボナーラ

かながわブランドコンダクター髙橋浩美さん考案

しょうなん小松菜

かながわブランドコンダクター嶋田泉美さん考案

^